せっかく投資をするなら一棟売りアパートがベスト

変わる「連帯保証人」

模型

しっかり確認して安心を

貸しアパートなど、賃貸契約が発生するものには必ずと言っていいほど連帯保証人が求められる。それは、万一家賃が払えなかった場合に代わりに払ってもらう人がいないと貸し主が大きな損を被ることがあるからである。しかし近年、この連帯保証人に大きな変化が見られるようになった。時代が移り変わり核家族化が進んだ結果、親や子など親族に連帯保証人を頼むことが難しくなった。さらに、リーマンショックなどの不景気から連帯保証人も家賃を肩代わり出来ず、結果的に家賃の滞納が起こるという事態を招くことになった。そこで、急速に需要を伸ばしているのが「家賃債務保証」というものである。これは、家賃債務保証会社が連帯保証人となることで家賃の支払いを肩代わりするというものである。家賃を滞納した場合、家賃債務保証会社が支払ってくれる(つまり、家賃債務保証に借金をする)ため、そのお金は家賃債務保証会社に返済しなければならなくなる。これは、連帯保証人を自力では見つけられない借り主にとっても、さらには家賃滞納のリスクを回避できるメリットを享受できる貸し主にとっても良い利用方法である。しかし、現在の家賃債務保証はどちらかといえば貸し主の方が利用価値が高い。制度上、滞納家賃の回収代行の様相を呈しているためだ。そのため、ひとたび家賃を滞納すれば、厳しい取り立てに合う可能性もあり注意が必要だ。これから賃貸住宅を借りようとする場合、まずはしっかり自力で家賃を払えるような物件を選ぶことが大事である。次に、連帯保証人も自力で探してみる方が良い。それでも駄目なら家賃債務保証制度を利用することを検討する。最近では、賃貸契約の条件に家賃債務保証会社の利用が必要なケースもある。どういう会社なのか自分で調べて、疑問に思ったらその物件とは契約しないことも考えなければならない。これも重要なことである。