せっかく投資をするなら一棟売りアパートがベスト

マンションの管理費の秘密

マンションを購入してそれを第三者へ賃貸して収入を得るマンション経営が今人気を集めています。マンション経営では購入者に代わってマンションを管理するマンション管理会社が重要の存在となっています。そんなマンション管理会社へ支払う管理費は、概ね毎月の家賃収入額の5%から10%が相場となっています。

基礎を固めよう

マンション経営の基本は空室リスクの小さい物件を保有し、長期にわたって家賃収入を得ることです。ボロ物件をお宝物件に変えるような奇抜な投資をしようと考えているのであれば、基礎固めがしっかりできた後に手掛けるようにしましょう。

変わる「連帯保証人」

近年、賃貸契約に必要な連帯保証人が大きく変化してきている。核家族化で親族に連帯保証人を頼めなかったり、不景気で連帯保証人も家賃滞納してしまったりするケースが出てきた。そこで、家賃債務保証会社が保証人となる制度が出来た。メリットは多いが、その利用はよく検討する必要がある。

評判の格安物件の特色

マンション

本格的に賃貸経営を始めたいと考える人にとっては、一棟売りアパートは価格も手ごろであり、魅力的な投資対象です。物件の質の高さを重視する人は新築アパートを購入していますが、利回りの高さにこだわる人が興味を持っているのは、中古の一棟売りアパートです。確かに中古物件は購入後のメンテナンスが必要ですが、外壁塗装やリニューアルの技術も進歩しているので、新築同様に改装できるでしょう。更に稼働率を100パーセントにすると、運用利回りが15パーセント以上になるのが中古物件の魅力であり、収益物件サイトでも注目の的です。その一方で投資に最適な中古の一棟売りアパートを見つけるには、現地を訪れて建物の状態を調べたり、収支計算を行うなどの地道な努力も必要です。また良い物件を見つけた時には、速やかに売り手との商談をスタートして良い条件で取引するのが、一棟売りアパート投資を成功させる秘訣です。複数のアパートを保有する専業の大家も、中古物件を中心に購入しており、こまめな自主管理が高利回りを実現するコツです。築20年以上の賃貸経営ではノウハウが必要ですが、アパート経営セミナーで必要な知識が学べるので、投資の初心者も中古物件の購入に意欲的です。投資用物件を取り扱う不動産会社の情報を参考にしたり、未公開情報も利用するのが、お得な物件を手に入れる近道です。大幅値下げをしている郊外や地方も物件もあるので、格安に購入できるチャンスを活かすと、更に利回りを高められるでしょう。